「文化遺産の世界」のコラムに「民具の文化財としての意義(その2)」が掲載されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お知らせです。
内外の文化財を取り扱った特集など、広く文化財の話題を配信している「文化遺産の世界」に、前回掲載された当地方文化研究所顧問の広実ひろざね敏彦としひこ氏のコラム「民具の文化財としての意義」の続編として「民具の文化財としての意義(その2) 」が掲載されました。

 

民具の文化財としての意義(その2)

民具の文化財としての意義(その2) 文化遺産の世界より 広実 敏彦 / TOSHIHIKO HIROZANE 地方文化研究所 顧問

題名は「民具の文化財としての意義(その2)」として、「民具は歴史の証人である」を軸に日本の家屋の特徴や構造の変化、そして石油製品の登場など具体的な例を挙げ、民具から考える歴史の変換期を問います。

最後には、歴史の証人とする民具を知る人たちの証言を記録・保存する時間は残り少ないと訴えるコラムになっております。

是非ご一読下さい。

 

外部リンク:「文化遺産の世界」

 

 

 


地方文化研究所chibunken_log
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSも登録が出来ます。

コメントを残す

*