民具集積18号に「定福寺 民具整理奮闘記」が掲載されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
民具集積18号

先日、四国民具研究会から「民具集積 18号」が発刊されました。
今回の「民具集積 18号」には当研究所顧問である広実氏の記事が掲載されております。

「定福寺 民具整理奮闘記」(2016-11)
地方文化研究所顧問 広実敏彦

民具集積18号

民具集積18号

定福寺(じょうふくじ)は高知県大豊町に所在する寺院です。この寺院には県指定文化財の立像があり、豊永郷民俗資料館には数多くの民具も展示されています。

今回、この定福寺が所蔵する膨大な民具の整理を通して、氏が思う民具整理に挑む心構えや定石、そして日頃留意されている点やよく陥る整理の盲点などを具体的な民具整理業務の流れの中でエッセイ風に解説されています。
一般的に民具整理の委託業務の整理過程をこのようにリアルに報告された例はなく、民具関係者のみならず文化財にかかわるものとしてには一読の価値があります。

定福寺 民具整理奮闘記

定福寺 民具整理奮闘記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSも登録が出来ます。

コメントを残す

*